一般の蓄電池と創蓄連携システムの違いは何ですか?

一般的な蓄電池では、太陽光発電容量2.8kWでも、パワーコンディショナーからは1.5kWの出力となり、その内1.3kWを使用した場合、残りの0.2kWが充電されます。創蓄連携システムでは、2.8kWの出力となり、その内1.3kWを使用した場合、残りの1.5kWを充電します。つまり、しっかり充電できるところが特徴のひとつです。

天候によってあまり発電しない時や非常時に、創蓄連携システムは安定的に電気を供給します。