太陽光発電にまだメリットはありますか?

発電した電気の使い方は、「現在」と「将来」で変わります。

現在は、売電収入を最大にする考え方が主体です。10kW未満の余剰売電は期間が10年です。11年目以降の将来は、今の売電価格が終了し、購入電気料金は上がる可能性が高いので支払を最小にする暮らしが大切と弊社は考えます。

太陽光発電で創った電気を蓄電し、HEMSを利用して自給率をコントロールすれば、売電以上の経済効果があるため、メリットはあります。ご不明の点は、弊社までお問い合わせ・ご相談ください。エネルギーマネジメントアドバイザーが対応します。