光熱費削減対策にはどんな方法がありますか?

これからは、太陽光発電・オール電化・蓄電池を組合わせたシステムが大変有効です。

一般家庭用電気料金は確実に上がっており、ガスや灯油の料金は安定性がありません。そこで、光熱費管理を電気だけにしたのがオール電化でしたが、昼間の料金が夜間より高い契約になり、使用頻度が多くなれば、オール電化でない家庭よりも高くなっていました。この点で太陽光発電はメリットがありますが、夜間には発電しません。という理由から、今では蓄電池を利用してコントロールする事が可能になりました。弊社では創蓄連携システムをお勧めしています。