創蓄連携とHEMSの組合わせはどんなシステムですか?

様々なライフスタイルに適応可能な拡張性があるシステムのため、ベストな選択と考えます。

太陽光発電をしっかり蓄電し、多目的に有効利用できる点は以前もお伝えしましたが、将来の電力情勢にも対応しています。2016年の電力自由化の次は、2019年からの電力料金規制の撤廃、さらに2030年以降の全世帯HEMS導入が予定されていますが、創蓄連携システムとHEMSを組合わせると、すべての機器のエネルギー使用量がモニターやスマートフォン、タブレット、パソコンでいつでも見えます。発電量、充電量、蓄電量、使用した電気料金はもちろん、水道料金さえも確認できます。オール電化をされていないご家庭でもガス料金や各機器の状況が見えるので、エネルギー管理がもっと手軽になり家計の節約に貢献します。

HEMSの詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。