創蓄連携システムの採用理由を教えてください

安心や安全だけでなく、経済効果のある太陽光発電と蓄電池システムの連携は、戸建住宅以外にも災害時の避難場所となる小学校や集会所、同様にライフラインを確保するために病院や公共施設、オフィスや商業施設など、様々な施設で導入されています。創蓄連携システムの設置理由をいくつかご紹介します。

集会所:「このシステムなら昼夜に関係なく、地域のみなさんに明かりと冬なら暖かい場所を提供できます。しかも、電気代が6割も削減できました」

オフィス:「非常時は最低限パソコンと電話は繋がるようにしておきたいのです。データの損失をまず防ぎ、社員が外部と連絡が取れたら、安心感が大きいと思います」

オール電化住宅:「リフォームをきっかけに、できるだけ高い電気を買わない生活を目的に設置しました。期待以上の節約効果はうれしい誤算でした」