創蓄連携システムを検討するときは、どんな提案をするのですか?

弊社では、お客さまのライフスタイルに合わせたご提案をしています。お住まいになる方々の年齢や人数、日常の生活時間帯、平日や休日の過ごし方、光熱費の傾向を差し支えのない範囲でお尋ねしています。その結果、安心に関心が高い・節約がしたい・自給自足を目指したいなど、お客さま毎の「お考え」が理解できます。その後、次のような提案資料を持参いたします。

  • 電気代の現状と将来
  • 経済面での創蓄連携システム
  • 非常時に使えるもの
  • 光熱費は生涯ローン(収支シミュレーション)であること
  • 光熱費削減のためにできること
  • 創蓄連携システムのシミュレーション
  • 納入事例によるビフォーアフター
  • 省設計・省施工の見積リスト

以上が標準的な内容ですが、必要性のある資料に限定しています。